病歴記録管理士認定試験の出題範囲と活躍の場

今後、ますます深刻になるといわれている高齢社会。そんな社会において、医療事務の資格はますます必要となるでしょう。医療事務の資格にはいろいろなものがありますが、どれもやりがいがある大切な仕事に直結する素晴らしい資格ばかりです。

 

そんな医療事務のなかでも今注目されているのが、病歴記録管理士です。

 

これは(財)日本病院管理教育協会が認定する資格で、病院長や病院施設長の指示によって医師やその関係者から患者さんの記録を収集・整理し、すぐに提供できる状態で管理するという仕事を行います。そのさい、ただ管理するだけではなく、必要に応じて診療データの分析や評価なども行ないます。

 

近年、厚生労働省は診療録管理体制加算を設け、病院には専任の診療記録管理者を1名以上配置することを決めました。その専任者は必ずしもこの病歴記録管理士である必要はありませんが、前述したように病歴記録管理士でなければ対応できないこともたくさんあるため、今後、その需要はますます高くなるといえるでしょう。

 

この病歴記録管理士認定を受けるためには、(財)日本病院管理教育協会が指定した教育指定校に通い、医療事務に必要な、医学一般、医療情報学、医療管理学、情報処理論、図書管理論、診療報酬事務演習といった専門知識を身につけ、認定試験に合格することが必要となります。もちろん、勉強は大変ですが、認定されればやりがいのある仕事が待っています。チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

医療事務講座の資料請求

医療事務の資格って結構情報が少ないですよね。情報が少ない中、効率的に資格に合格するにはやはり通信講座などを受講するのがオススメです。

分からないことを聞ける環境、効率的な勉強ができる資料など受かるための環境が整っているのが通信講座です。

資料請求をしてみるだけでも、多くの情報が手に入りますし迷っていることが明確になってくると思います。

自分が欲しい会社のところにだけチェックを入れておけばいいので、必要ない会社の資料まで届くことはありません。まずは資料請求から始めてみるといいですよ。