ケアクラーク技能認定試験の出題範囲と活躍の場

ケアクラーク技能認定は年6回のペースで試験が開催されており、介護事務業務に関する知識を問われ、資格を取得した際には、医療事務の仕事に携わるうえでプラスとなります。介護にかかわる仕事は年々多くなっており、高齢化社会からのニーズが高い傾向にあります。

 

この資格の実技試験で2問出題される、医療事務の実務の場面で必要な介護報酬請求事務や、介護給付費明細書作成といった専門知識は、その仕事をする上で非常に役に立ちます。すでに医療事務資格を持っている方だけではなく、介護の仕事に携わっている方、また、これから介護サービスの仕事に付きたい方にお勧めの資格です。

 

日常的な事務作業だけではなく、コミュニケーション、老人心理、社会福祉、リハビリテーションや介護技術に関する多岐にわたる範囲から、25問の学科試験も行われます。医療事務の仕事以上に、介護事務の仕事では利用される高齢者とのコミュニケーションが重要です。

 

この試験を通じて、レセプト作成の専門知識や、より深い介護についての理解を得られ、そのまま実務の面で活かすことが可能となります。試験費用は1回6000円となっており、受験にあたってはどなたでも受ける事が出来ます。

医療事務講座の資料請求

医療事務の資格って結構情報が少ないですよね。情報が少ない中、効率的に資格に合格するにはやはり通信講座などを受講するのがオススメです。

分からないことを聞ける環境、効率的な勉強ができる資料など受かるための環境が整っているのが通信講座です。

資料請求をしてみるだけでも、多くの情報が手に入りますし迷っていることが明確になってくると思います。

自分が欲しい会社のところにだけチェックを入れておけばいいので、必要ない会社の資料まで届くことはありません。まずは資料請求から始めてみるといいですよ。