デンタルアテンダント試験の出題範囲と活躍の場

歯科医院に勤めるなら、医療事務の歯科の資格だけでなく、デンタルアテンダントの資格を持っていると有利ですし、すでに医療事務として働いている人にとっては自分の仕事に自信がもてる材料になると思います。

 

デンタルアテンダントとは歯科助手のための資格です。歯科医院の医療事務の場合、受付などの事務業務も行いますが、交代で歯科助手の仕事も行います。歯科衛生士は国家資格のため、当然、事務よりも人件費がかかります。歯科医院の中には、経営のために歯科衛生士の人数よりも事務兼助手を多くし、診察を回しているケースも少なくありません。

 

この試験は、学科試験と実技試験からなります。患者様への接遇や用具の名称や治療手順といった学科と実技試験では、印象剤といって歯のかたどりをするときに使う材料を練ったり、石膏型をつくる作業を行ったりします。ベーシックとよばれるランクからマスターインストラクターまで5段階のレベルがあります。勤務してから自分がどのくらいの実力がついたかをはかるためにも有効です。

 

また、この勉強で治療の流れをしっかりと理解することは医療事務の仕事をする上でも算定もれやレセプトチェックなどの相乗効果が期待できます。

医療事務講座の資料請求

医療事務の資格って結構情報が少ないですよね。情報が少ない中、効率的に資格に合格するにはやはり通信講座などを受講するのがオススメです。

分からないことを聞ける環境、効率的な勉強ができる資料など受かるための環境が整っているのが通信講座です。

資料請求をしてみるだけでも、多くの情報が手に入りますし迷っていることが明確になってくると思います。

自分が欲しい会社のところにだけチェックを入れておけばいいので、必要ない会社の資料まで届くことはありません。まずは資料請求から始めてみるといいですよ。