医療事務の勉強法:独学のメリットとデメリット

医療事務の資格を独学で学ぶにはメリットとデメリットがそれぞれあります。

 

まずはメリットですが、費用が少なくて済む点が最大のメリットになります。この場合はある程度仕事で実務をしている人の方がイメージが沸きやすいため、そういう人は独学で勉強して受験する場合があるようです。また、学校などに通うのとは異なり教材や学校に支払う費用が安いか必要ないなどの点も挙げられます。

 

逆にデメリットは、仕事で医療などの事務職をしたことがない人などは、医療独自の言葉が分からない場合も多いです。教えてくれる人もいないので、かなりしんどい勉強になります。また市販のテキストが少ないため、様々な問題を解いて経験を積んでいく方法がまともにとれない面もあります。

 

なお、医療事務は実は資格がなくてもすることができます。医療事務自体に特別なものは何も必要はありませんので、仕事自体は誰でもできます。このため採用してくれるところがあればそこで実務経験を積んでから試験に臨むという方法も取れます。派遣社員などでこの形の人がときどきいます。

 

ただ最近ではまったくの素人に言葉などから教えていく手間がかかるため、その時間を省きたいということから医療事務職に採用する前提として有資格者を求めている場合が多いです。

医療事務講座の資料請求

医療事務の資格って結構情報が少ないですよね。情報が少ない中、効率的に資格に合格するにはやはり通信講座などを受講するのがオススメです。

分からないことを聞ける環境、効率的な勉強ができる資料など受かるための環境が整っているのが通信講座です。

資料請求をしてみるだけでも、多くの情報が手に入りますし迷っていることが明確になってくると思います。

自分が欲しい会社のところにだけチェックを入れておけばいいので、必要ない会社の資料まで届くことはありません。まずは資料請求から始めてみるといいですよ。