保険請求事務技能試験の出題範囲と活躍の場

医療事務のうち大きなウェイトを占めるのが、国民健康保険団体連合会いわゆる国保連や、社会保険診療報酬支払基金いわゆる社保に対して請求するレセプト作成になります。

 

このレセプトを作成するのに特別なものは必須ではありませんがまったく知識がない人には作成は無理なので、保険請求事務技能などの有資格者が極めて重要になってきます。
医療事務におけるこのレセプト作成は、国保連や支払基金の締切日が毎月10日と明確に定められているため、月末頃から9日までに仕上げる必要がありしかも早ければ早いほど万が一の請求漏れなどにも対応が利きます。

 

この作業を迅速かつ適切に処理をするためには長年医療事務を行ったことがある人や、医科歯科問わず医療事務における資格のために相応の勉強をしている人になってきます。
この保険請求関連の資格は、その特別な用語や医科、歯科ともに知らないとまず分からないほどの医療や歯科における難しい言葉のオンパレードです。昔はこれを練達したベテランの先輩に教わりながらでも仕事ができていた時代もありましたが、現在ではその教える時間がない状況になりつつあることから、有資格者でなければ採用をしない医療機関も出てきています。

医療事務講座の資料請求

医療事務の資格って結構情報が少ないですよね。情報が少ない中、効率的に資格に合格するにはやはり通信講座などを受講するのがオススメです。

分からないことを聞ける環境、効率的な勉強ができる資料など受かるための環境が整っているのが通信講座です。

資料請求をしてみるだけでも、多くの情報が手に入りますし迷っていることが明確になってくると思います。

自分が欲しい会社のところにだけチェックを入れておけばいいので、必要ない会社の資料まで届くことはありません。まずは資料請求から始めてみるといいですよ。