医療事務は副業としてでも働けるの?

医療事務は資格として有名で女性にとても人気ですが、医療事務は病院や診療所内だけでしか活かせない資格だと思っている人が多くいます。

 

医療事務の主な仕事として、レセプト業務があります。

 

レセプトとは日本語では「診療報酬明細書」といい、一ヶ月分の医療行為を点数にし、市町村や保険者に請求する専用な請求書の事です。しかしただ金額が明記されているだけの一般の請求書と違い、一ヶ月のカルテの内容を区分ごとにまとめ、決められた点数請求するという、とても手間のかかる業務になります。

 

このレセプトは患者一人につき一ヶ月に一枚作成しなければならないので、病院内の医療事務の仕事量の中でも、かなりの比重になってしまいます。

 

そこで、医療事務の資格や知識を持った人が、代行してレセプト業務を行う場合があります。これであれば、病院職員の医療事務員は患者の対応やその他の業務を執り行う時間ができ、病院内の業務が円滑に進みます。

 

なので、医療事務の資格と知識を持ってれば、副業としてレセプト代行を行う事が出来るのです。カルテの内容を正確に読み取りレセプトに書き起こさなければならないので、専門の知識が必要となり、専門の勉強をした事無い人にはまず無理な副業と言えるでしょう。

医療事務講座の資料請求

医療事務の資格って結構情報が少ないですよね。情報が少ない中、効率的に資格に合格するにはやはり通信講座などを受講するのがオススメです。

分からないことを聞ける環境、効率的な勉強ができる資料など受かるための環境が整っているのが通信講座です。

資料請求をしてみるだけでも、多くの情報が手に入りますし迷っていることが明確になってくると思います。

自分が欲しい会社のところにだけチェックを入れておけばいいので、必要ない会社の資料まで届くことはありません。まずは資料請求から始めてみるといいですよ。