医事オペレーターの資格試験の出題範囲と活躍の場

世間一般的に「医療事務」と言われますが、国家試験ではないのでその細かい分類は様々です。一般的は医療事務イメージとされている受付や会計のほか患者への対応を中心とした試験や、秘書的な役割と重視し事務のほかに医師の補佐の役割を重視した医療秘書の試験、今後日本に必要とされる介護に関する知識を必要とする介護関係を中心とする試験など、多くの分類に別れます。

 

この中に医事オペレーター技能認定試験と言う資格試験があります。これは、一般企業と同じくデジタル化が進む医療現場において、医事コンピューターの操作や知識を深める事を目的とした資格です。医療現場に置けるコンビューターの代表としては、レセコンが上げられます。レセコンとはレセプトコンピューターの略で、現場では「電子カルテ」と呼ばれています。今まではカルテとは紙で医師が記入し、それを医療事務がレセプト用紙に書き起こしていましたが、電子カルテであれば自動で会計とレセプト業務が出来てしまいます。

 

昔から医療現場にいる医師の中にはパソコンや電子カルテを苦手とする人も多いので、医事オペレーターの資格では電子カルテの作成なども行い、試験の出題範囲もカルテの入力やレセプトの出力などを行います。

 

医療事務の中でもパソコンやコンピューターに強い人には、是非お勧めの資格です。

医療事務講座の資料請求

医療事務の資格って結構情報が少ないですよね。情報が少ない中、効率的に資格に合格するにはやはり通信講座などを受講するのがオススメです。

分からないことを聞ける環境、効率的な勉強ができる資料など受かるための環境が整っているのが通信講座です。

資料請求をしてみるだけでも、多くの情報が手に入りますし迷っていることが明確になってくると思います。

自分が欲しい会社のところにだけチェックを入れておけばいいので、必要ない会社の資料まで届くことはありません。まずは資料請求から始めてみるといいですよ。