医療事務の仕事内容:一般事務職との違い

病院など医療の現場では医療事務と言う職種が存在しています。この仕事は女性に人気のある仕事なのですが、一般事務職と何が違うのかについてはあまりよく知られていません。もしも病院で勤めたいと思うのであれば医療事務の知識を身につけておくことは重要ですが、そのためには専門の勉強をする必要があります。

 

医療事務と言うのは病院での業務で使用する健康保険の保険請求分を健康保険組合に請求する事務作業のことを指します。これは国で決められた保険点数というものを理解しなければできない仕事であるとともに、毎年見直しが行われるため常に最新の情報を得ておかなければならない職種でもあります。医療事務と言うのはこの保険点数を理解して請求事務を行う事務職のことを言います。一般に保険診療をする場合、患者の負担は1〜3割ですので、残りを請求するのが役目です。

 

それに対して一般事務職と言うのは総務や経理などの事務職のことを言います。特別な知識が必要であることは変わりありませんが、医療現場以外でも役立つ知識を身につけているという点で違いがあると言えます。医療事務職は医療の現場でこそ活躍しますが、保険診療をしない職場では役に立たない資格ということも出来ます。

医療事務講座の資料請求

医療事務の資格って結構情報が少ないですよね。情報が少ない中、効率的に資格に合格するにはやはり通信講座などを受講するのがオススメです。

分からないことを聞ける環境、効率的な勉強ができる資料など受かるための環境が整っているのが通信講座です。

資料請求をしてみるだけでも、多くの情報が手に入りますし迷っていることが明確になってくると思います。

自分が欲しい会社のところにだけチェックを入れておけばいいので、必要ない会社の資料まで届くことはありません。まずは資料請求から始めてみるといいですよ。