医療情報システム試験の出題範囲と活躍の場

医療事務は、病院の受付などで活躍する資格です。

 

実務経験がまったくない人でも受験できるので、働きながらでも取得しやすい資格として女性に人気です。

 

医療事務の試験の出題範囲は、マークシートによる学科と、レセプト作成の実技試験からなります。医療保険制度の仕組みを理解し、最終的にレセプトを自分で作ることができるようになる能力が求められます。

 

現代では、ほとんどの医療機関にレセコン、つまりレセプトコンンピューターが導入されています。ですから、医療事務の主題範囲に含まれる医療情報システムの知識は、現場でもっともよく使われるものと言っても過言ではありません。

 

レセコンにより、診療報酬明細書を作成することで、医療機関は保険請求を行うことができるのです。

 

医療事務の仕事内容は受付だけではなく、レセプトの扱いも大切な仕事のひとつです。最近ではインターネットからレセプトを送信するところがほとんどです。期日までに間違いなくレセプトを提出できなくてはいけませんので、素早く的確にレセプトを扱わなければならないのです。

 

医療情報システムはどんどん進化しています。新しい知識を得て、それを現場に活かすことで、医療事務として働きがいのある仕事ができます。

医療事務講座の資料請求

医療事務の資格って結構情報が少ないですよね。情報が少ない中、効率的に資格に合格するにはやはり通信講座などを受講するのがオススメです。

分からないことを聞ける環境、効率的な勉強ができる資料など受かるための環境が整っているのが通信講座です。

資料請求をしてみるだけでも、多くの情報が手に入りますし迷っていることが明確になってくると思います。

自分が欲しい会社のところにだけチェックを入れておけばいいので、必要ない会社の資料まで届くことはありません。まずは資料請求から始めてみるといいですよ。