医療管理士認定試験の出題範囲と活躍の場

病院に行くと、患者が最初に接するのが、医事課職員である受付です。

 

医事課職員の仕事は医療事務といって、患者の受付・治療費の計算・診療報酬明明細書作成・カルテ管理などがあります。この様な医療事務の事務スキルを証明するものが、医療管理士認定試験の資格です。

 

医療管理士認定試験の受験資格は、誰でも受験できます。医科医療事務と歯科医療事務がありますので、何れかを選択し、受験します。

 

・試験日は奇数月の第4土曜日に、年6回実施されます。
・試験時間は実技3時間・学科試験1時間です。
・実技試験は、医療事務の仕事である診療報酬明細書の作成・点検を行います。(医科の場合は外来2問、入院1問・歯科は外来3問)点検問題が1問あります。
・学科試験はマークシートで10問です。

 

試験の出題範囲としては、実技試験が診療報酬明細書を作成する力があるかどうかを見極めることになります。

 

学科試験の範囲は、医療事務としては当然な保険請求事務から、医療保険制度・後期高齢者制度・公費負担医療制度についての知識・医学一般の知識も要求されます。
試験の合格基準は、実技が、3問の作成問題ごとに50%以上の得点をし、3問の合計が70%以上であること、学科試験が70点以上であることで、実技・学科とも合格基準に達した場合は合格となります。

 

 

医療事務講座の資料請求

医療事務の資格って結構情報が少ないですよね。情報が少ない中、効率的に資格に合格するにはやはり通信講座などを受講するのがオススメです。

分からないことを聞ける環境、効率的な勉強ができる資料など受かるための環境が整っているのが通信講座です。

資料請求をしてみるだけでも、多くの情報が手に入りますし迷っていることが明確になってくると思います。

自分が欲しい会社のところにだけチェックを入れておけばいいので、必要ない会社の資料まで届くことはありません。まずは資料請求から始めてみるといいですよ。