介護事務管理士技能試験の出題範囲と活躍の場について

介護保険制度は、利用者が1割の自己負担で残り9割を保険請求という形になります。この保険請求のスペシャリストは居宅介護支援事業者や施設でのケアマネジャーになりますが、医療事務や介護事務管理士技能の資格を持つ人が請求関係のみ行う場合があります。

 

特に医療事務については、医療と介護の給付調整などの専門的知識が求められる場合があり、医療事務の担当者も知っておく必要がありますし、介護事務側も知っておかなければならない知識になります。

 

こうした専門知識をしっかりと持っていないと、都道府県や市町村などの事業者指導その多くは実地指導になりますがこういった指導で算定できないものを算定して指摘され、介護報酬の返還を求められることになります。

 

事業者が適正に請求しているという前提に立って行われるものが、実はぜんぜん理解できていないという実態に行政が危機感を持っているのは事実でしょう。まして保険料は税金ですから、適正に使われているかどうか確認することは当然です。

 

こうした中で医療事務などの資格を持つ人が今一度制度をよく理解した上で、専門職に助言するなどのフォローが求められます。

 

万が一不正請求などと見なされれば事業者の指定取り消しと5年間の再指定不可と言う罰則もありますから、間違いなく適正に請求することが求められています。

医療事務講座の資料請求

医療事務の資格って結構情報が少ないですよね。情報が少ない中、効率的に資格に合格するにはやはり通信講座などを受講するのがオススメです。

分からないことを聞ける環境、効率的な勉強ができる資料など受かるための環境が整っているのが通信講座です。

資料請求をしてみるだけでも、多くの情報が手に入りますし迷っていることが明確になってくると思います。

自分が欲しい会社のところにだけチェックを入れておけばいいので、必要ない会社の資料まで届くことはありません。まずは資料請求から始めてみるといいですよ。