介護情報事務能力認定試験の出題範囲と活躍の場

介護情報事務能力認定資格を取得したいと考える医療事務をしている人は多いのが現実です。なぜなら、医療事務と介護事務は関係する部分も多く、特に在宅医療に力を入れている医療機関では介護関係の知識を持つ医療事務職員もいた方が何事にも円滑に事務を行えるというメリットがあるからです。

 

在宅医療の中で訪問看護や訪問リハビリテーション、居宅療養管理指導は介護保険制度でも医療保険でもどちらにも共通するサービスであるので、その両方の知識をしっかりと抑えている人がいるとレセプトで国民健康保険団体連合会いわゆる国保連に請求する分にも円滑に行うことができることになります。

 

医療事務職だけという人にも仕事上介護が絡む事案も少なくないので、この資格のためだけでなく今後の自分の知識向上のためにも受験に向けて勉強することはメリットが大きいでしょう。

 

医療も介護も事務職が間違うことなく正しく請求しないと、審査支払機関で却下されればその分収入が減少してしまいます。後日翌月分以降で請求するにしてもまたレセプトの作成が必要になるなど、事務量を無駄に増やすことにもなりますから、専門知識を有する事務方がいることが事業所の安定的な運営にも必要不可欠であるといえます。

医療事務講座の資料請求

医療事務の資格って結構情報が少ないですよね。情報が少ない中、効率的に資格に合格するにはやはり通信講座などを受講するのがオススメです。

分からないことを聞ける環境、効率的な勉強ができる資料など受かるための環境が整っているのが通信講座です。

資料請求をしてみるだけでも、多くの情報が手に入りますし迷っていることが明確になってくると思います。

自分が欲しい会社のところにだけチェックを入れておけばいいので、必要ない会社の資料まで届くことはありません。まずは資料請求から始めてみるといいですよ。