医療事務は勤務場所によって仕事内容が大きく変わる

医療事務は勤務場所によって仕事内容が大きく変わります。また、勤務先によって有利な医療事務資格も変わってきます。

 

クリニックと一口にいっても診療科で大きな違いがあります。受付や会計といった窓口業務、医療事務独特の仕事としての診療報酬明細書と呼ばれるレセプト業務、これらについては、どのクリニックでも共通です。加えて、整形外科だったらリハビリ助手の仕事、電子カルテが導入されているところだったら、医師に変わっての代行入力、内科だったら看護助手的な仕事というように様々です。医療事務管理士やメディカルクラークといった資格が有効です。

 

病院の場合は、診療科も多く、分業的に行われている部分もあるため、窓口業務、レセプト業務、公費医療担当、病院と診療所の連携医療の連絡役など多岐にわたります。配属される部署によっても違いがあります。診療報酬請求事務能力認定試験の資格があると有利です。

 

薬局では、窓口業務、レセプト業務のほかに調剤助手といって、お薬の袋につめる錠剤やカプセルを数え、薬剤師さんの手伝いをする業務があります。また、近年は競争でドライブスルーを行っている薬局であれば、サービスの一環として患者様にお茶出しをするということもあります。ここでは、調剤事務管理士の資格が有利です。

 

以上のようにそれぞれ違いがあるのです。

医療事務講座の資料請求

医療事務の資格って結構情報が少ないですよね。情報が少ない中、効率的に資格に合格するにはやはり通信講座などを受講するのがオススメです。

分からないことを聞ける環境、効率的な勉強ができる資料など受かるための環境が整っているのが通信講座です。

資料請求をしてみるだけでも、多くの情報が手に入りますし迷っていることが明確になってくると思います。

自分が欲しい会社のところにだけチェックを入れておけばいいので、必要ない会社の資料まで届くことはありません。まずは資料請求から始めてみるといいですよ。