医療事務の面接で見られる所って?

女性に人気の医療事務ですが、採用の際にはどのような基準で採用されるのでしょうか。

 

まず医療事務の仕事の内容ですが、病院の規模や医師の意向によって変わって来ます。しかし、どこの現場でも変わらない仕事がまずはレセプト・会計業務です。これは医師から回って来たカルテの内容を保険診療の決められた点数分だけ、患者負担分は患者に会計時に請求し、残りの負担分をレセプト業務で保険者に請求する仕事を言います。

 

これは医療事務独特の仕事であり、専門知識を求められる仕事です。医療事務資格講座は、このレセプト業務を中心に勉強をする事が殆どです。履歴書や職務経歴書では、この資格を持っているかどうか、経験や知識はあるのかを確認します。

 

そしてもう一つの重要な仕事は、来院した患者の対応です。来院した患者を受け付けるのも、電話対応するのも、会計をするのも、病院内の案内をするのも、殆どは医療事務が対応します。なので、接客や対人のスキルが求められます。病院では年齢も幅広く、高齢者や乳幼児連れなど様々です。

 

また、具合が悪い人や重い病気にかかった人もやってきます。面接ではその人の喋り方や、人当たりの良さを判断する重要な機会です。面接時では全ての人に優しく対応出来るかどうか、また他のスタッフと円滑にコミニケーションが取れる人かどうかが重要視されます。また、見た目の清潔感もチェックされているので、身だしなみには気をつけましょう。

医療事務講座の資料請求

医療事務の資格って結構情報が少ないですよね。情報が少ない中、効率的に資格に合格するにはやはり通信講座などを受講するのがオススメです。

分からないことを聞ける環境、効率的な勉強ができる資料など受かるための環境が整っているのが通信講座です。

資料請求をしてみるだけでも、多くの情報が手に入りますし迷っていることが明確になってくると思います。

自分が欲しい会社のところにだけチェックを入れておけばいいので、必要ない会社の資料まで届くことはありません。まずは資料請求から始めてみるといいですよ。