未経験でも医療事務として働けます

未経験でも資格があれば、医療機関で医療事務として働きやすくなります。

 

採用試験を受ける際に、医療事務資格の中でも重要視されるのが、日本医療保険事務協会主催の診療報酬請求事務能力認定試験です。ハローワークの求人票をみると、書類提出時にこの資格を持っていることを条件にしているところが多いです。派遣社員として働く場合でもこの資格があると有利です。なぜなら、派遣会社は医療機関と協定を結ぶ際に、従業員の質の担保としてこの試験に合格していることを約束しているケースが多いからです。

 

ただしこの資格はかなりむずkしい部類なので「医科 医療事務管理士(R)技能認定試験」の方が費用対効果が高い資格かと思います。

 

そのほか、未経験であっても医療機関が着目する点としてコミュニケーション能力があります。特に前職で銀行などの窓口業務を行っている場合は、評価しているようです。医療事務には医療事務独特のレセプト作成といった業務もありますが、病院の顔としての窓口業務もあります。窓口の印象がよければ、病院の評価にもつながります。病院は、サービス業でありながら、職員の意識としてかなりの差があり、医療事務の経験が多く、事務処理能力が高くても窓口に向いているとは限りません。そういう点で、患者様とも気難しい先生ともうまくやっていけるという部分を重要視するケースもあるのです。

 

以上のことから、医療事務員としての経験がなくても働けるチャンスがあるのです。

医療事務講座の資料請求

医療事務の資格って結構情報が少ないですよね。情報が少ない中、効率的に資格に合格するにはやはり通信講座などを受講するのがオススメです。

分からないことを聞ける環境、効率的な勉強ができる資料など受かるための環境が整っているのが通信講座です。

資料請求をしてみるだけでも、多くの情報が手に入りますし迷っていることが明確になってくると思います。

自分が欲しい会社のところにだけチェックを入れておけばいいので、必要ない会社の資料まで届くことはありません。まずは資料請求から始めてみるといいですよ。