医療事務の試験の難易度

医療事務試験の難易度は、学校側が案内書には、比較的簡単に取れる資格として宣伝をしておりますが、受験者からは難しいとの声もあります。実際のところは、専門的な知識を必要としておりますので、簡単とはいかないようですが、真面目に勉強に取り組めば取れる資格です。

 

医療事務の中で代表的な資格で難易度を調べてみました。

 

診療報酬請求事務能力認定、この試験の合格率は1回より39回まで殆ど30%程度で変わっていません、医科と歯科がありますが、若干歯科の方が合格率が高いようです。医療事務のなかでも最も難しいとされています。受験者の構成で、特徴的なことは、20歳までの受験者が36%も占めていることで、年齢が上がるにつれて、受験者数が減少していることです。

 

この為に実務経験が無い方が、70%以上を占めております。又反面、受講経験者も76%以上います。このことが、学校と受験者とのギャップが生まれた原因です。男女比では圧倒的で90%以上が女性です。

 

医療事務技能審査、学科・および実技の得点率が70%以上で、合格率50%以上、毎月実施されますので、比較的合格しやすい資格であります。

 

医療事務管理士、誰でも受験できます。通信教育でも勉強でき、合格率は50%以上ですので、比較的取得しやすいようです。

 

 

 

 

医療事務講座の資料請求

医療事務の資格って結構情報が少ないですよね。情報が少ない中、効率的に資格に合格するにはやはり通信講座などを受講するのがオススメです。

分からないことを聞ける環境、効率的な勉強ができる資料など受かるための環境が整っているのが通信講座です。

資料請求をしてみるだけでも、多くの情報が手に入りますし迷っていることが明確になってくると思います。

自分が欲しい会社のところにだけチェックを入れておけばいいので、必要ない会社の資料まで届くことはありません。まずは資料請求から始めてみるといいですよ。