医療事務の年齢制限

医療事務の資格を取得するので、年齢制限は全くありません。40代や50代の方でも、興味のある方は誰でも資格の試験を受けることは可能です。

 

医療事務の仕事は専門的な業務ですので、「豊富な経験」がものを言います。

 

未経験の方は、求人を探す際は、少し難しいかもしれません。又、経験豊富な方であれば、40〜50代の方は採用率は高いです。しかし、医療事務の資格を取得していない場合と、取得している場合では、全く採用担当者の印象は異なります。

 

又、医療機関は、病気を患っている患者さんが来られるので、コミュニケーション能力も必要となります。10〜20代前半の未経験者と40〜50代の未経験者であった場合、医療機関側からすると、人生経験が豊富で様々な社会経験をされている40〜50代の方を希望している採用担当者はわりと多いです。

 

年齢を気にすることなく、医療事務の仕事を目指すなら、資格を取得して、ぜひそれを生かして就業されることをお勧めします。

 

医療事務の仕事は、病院や施設内での事務作業を行う仕事です。
主な仕事内容は、外来受付業務、入院患者さんの対応、レセプトコンピューターによる診療費の計算、会計業務、一般事務業務、そして一番中心的な業務であるレセプト請求です。

 

医療事務講座の資料請求

医療事務の資格って結構情報が少ないですよね。情報が少ない中、効率的に資格に合格するにはやはり通信講座などを受講するのがオススメです。

分からないことを聞ける環境、効率的な勉強ができる資料など受かるための環境が整っているのが通信講座です。

資料請求をしてみるだけでも、多くの情報が手に入りますし迷っていることが明確になってくると思います。

自分が欲しい会社のところにだけチェックを入れておけばいいので、必要ない会社の資料まで届くことはありません。まずは資料請求から始めてみるといいですよ。