日本医師会医療秘書試験の出題範囲と活躍の場

日本医師会医療秘書は、日本医師会が主催する医療秘書の認定試験に合格することで取得できる資格です。この医療秘書の資格は、医師を補佐し、地域医療に貢献できる知識や技能を習得しているかどうかを確かめることを目的として行われています。

 

日本医師会主催の医療秘書の認定試験では、秘書業務を行う上で必要となる語学や情報処理についての技能をはじめ、医療秘書という専門職として必要となる保険請求業務などの医療事務に関する知識や、医療事務業務を処理する技能が問われる内容となっています。

 

医療秘書の認定試験はいくつかの団体によって主催されていますが、日本医師会が主催する医療秘書の認定試験は、受験資格に条件が定められています。

 

受験資格を得るには、「日本医師会認定医療秘書要綱に定める養成機関を卒業している又は卒業見込みであること」「日本医師会で認めた養成機関で履修していること」「日本医師会規程の秘書技能科目のうち3科目取得していること」の3つの条件を全て満たしている必要があります。

 

認定試験の内容は、患者論・薬に関する知識・医療用語などに関する「医学基礎教科」と、医療事務・秘書事務・医療関係法規などに関する「秘書専門教科」の2教科を出題科目とする学科試験となっており、これによって医療事務に従事する専門職としての知識や技能のレベルを測られることになります。

医療事務講座の資料請求

医療事務の資格って結構情報が少ないですよね。情報が少ない中、効率的に資格に合格するにはやはり通信講座などを受講するのがオススメです。

分からないことを聞ける環境、効率的な勉強ができる資料など受かるための環境が整っているのが通信講座です。

資料請求をしてみるだけでも、多くの情報が手に入りますし迷っていることが明確になってくると思います。

自分が欲しい会社のところにだけチェックを入れておけばいいので、必要ない会社の資料まで届くことはありません。まずは資料請求から始めてみるといいですよ。