医療事務の仕事内容:レセプトの作成

医療事務とは、病院やクリニックなど医療機関内で事務業務を行う者を指します。

 

主な仕事内容は、外来受付、レセプトコンピューターでの診療費の計算、診療費の会計、カルテ管理、そして最も重要な作業であるレセプト作成と点検です。

 

医療費は、現在、患者さん本人の負担が3割となっています。医療機関側は、残りの7割は患者さんが加入している健康保険組合に請求をしなければいけません。この請求を行うことをレセプト(診療報酬明細書)と言います。

 

診療報酬明細書は、毎月、患者さん一人につき一枚作成します。医療機関の規模によって、患者数が多ければ多いほど診療報酬明細書の枚数はかなりの数になります。そして、翌月の10日がそれぞれ提出先の期限と決められています。医療事務員は、通常の業務の他に月末から月初の10日までは、かなり多忙となるわけです。

 

診療報酬は、初診や再診、検査内容、処置内容によって、細かく点数が分けられています。医療事務は医師の記入したカルテに従って、患者さんが行った検査や処置などの診療に基づいて、細かく診療費を算出します。

 

レセプトの作成では、その算出した点数について不備がないかを、それぞれ患者さんの1ヶ月分を確認していきます。不備があれが、返戻されています。診療報酬明細書の作成は、医療に関する知識が豊富でないと作成ができません。

 

医療事務は、医療機関の報酬に一番関わっている職種と言えます。

医療事務講座の資料請求

医療事務の資格って結構情報が少ないですよね。情報が少ない中、効率的に資格に合格するにはやはり通信講座などを受講するのがオススメです。

分からないことを聞ける環境、効率的な勉強ができる資料など受かるための環境が整っているのが通信講座です。

資料請求をしてみるだけでも、多くの情報が手に入りますし迷っていることが明確になってくると思います。

自分が欲しい会社のところにだけチェックを入れておけばいいので、必要ない会社の資料まで届くことはありません。まずは資料請求から始めてみるといいですよ。