医療事務の志望動機のポイント

医療事務の仕事を希望して、医療機関の面接を受ける際、なぜ「医療事務」になりたいと思ったのかという質問や、なぜこの医療機関を選んだのかという志望動機を聞かれることが多いです。面接でしっかり答えられるように、事前に答えの準備はしておく必要があります。

 

医療事務は、医療機関の受付窓口で、患者さんが一番最初に声をかける場所です。事務員の対応で、患者さんの医療機関に対する印象はほぼ決まってくるといっても過言ではありません。そして、自分自身の経験を交えて答えることがポイントです。「自分がしんどくて病院を受診した時に、受付の方がとても優しく接してくれた」「自分が入院した時に、医療関係の仕事に興味を持った」など、答えると良いでしょう。

 

又、その医療機関を募集した志望動機に関しては、「自分が受診した際、他の患者さんへの対応の良さを目の当たりにしてここで働きたいと思った」等を挙げると良いでしょう。

 

 

やはり医療事務の資格は保有していないより、保有している方が就職には有利なので、本気で医療事務の仕事を考えている方は、資格を取得するこをお勧めします。医療事務は、病院やクリニックなどの医療機関で事務作業を行う仕事です。仕事内容は、主に、外来受付、電話応対、診療費の計算、診療費の会計、レセプトの請求です。医療事務の仕事は資格が必ず必要というわけではありませんが、即戦力として見てもらうためにはあるに越したことはありません。

医療事務講座の資料請求

医療事務の資格って結構情報が少ないですよね。情報が少ない中、効率的に資格に合格するにはやはり通信講座などを受講するのがオススメです。

分からないことを聞ける環境、効率的な勉強ができる資料など受かるための環境が整っているのが通信講座です。

資料請求をしてみるだけでも、多くの情報が手に入りますし迷っていることが明確になってくると思います。

自分が欲しい会社のところにだけチェックを入れておけばいいので、必要ない会社の資料まで届くことはありません。まずは資料請求から始めてみるといいですよ。