医療事務の仕事内容:診察データの入力

医療事務は、病院やクリニック内で勤務する事務職の仕事です。

 

主な仕事内容は、外来受付、診療費の計算、会計、レセプト請求、入院患者の対応などです。そして、医療事務の中心的な業務と言えば、「診察データ入力」になります。

 

「診察データ入力」は、医療専用のレセプトコンピューターで患者さんが受診したその日の診療費の計算を行います。そして、窓口で診療費の請求を行ないます。これは、日々行われるもっとも重要な業務です。

 

ドクターがカルテに診療内容を記載するので、その記載内容を基に、細かく分かれている点数を合算して診療点数を算出します。初診なのか再診なのかによっても点数は変わってきます。そして、その行った処置、採血、点滴など内容によって計算していきます。

 

又、処置の際に必ず使用する衛生材料や処置薬剤が、カルテに記入漏れであったら、そこは医療事務員が気付かなければいけません。ただ、ドクターのカルテに従うだけではなく、医療事務サイドで、漏れないようにしっかりチェックすることも重要な仕事の一つです。

 

レセコンによる診療費の計算と請求は、いわば、病院の売上と経理とも深く関係しています。

 

医療事務は医療機関の中で、直接医療に関わらず地味ではありますが、縁の下の力持ちといって良いでしょう。

医療事務講座の資料請求

医療事務の資格って結構情報が少ないですよね。情報が少ない中、効率的に資格に合格するにはやはり通信講座などを受講するのがオススメです。

分からないことを聞ける環境、効率的な勉強ができる資料など受かるための環境が整っているのが通信講座です。

資料請求をしてみるだけでも、多くの情報が手に入りますし迷っていることが明確になってくると思います。

自分が欲しい会社のところにだけチェックを入れておけばいいので、必要ない会社の資料まで届くことはありません。まずは資料請求から始めてみるといいですよ。