医療事務の勉強法:通学講座のメリットとデメリット

医療事務を勉強する際、通学講座を利用すると様々なメリットがあります。たとえば、ニチイやソラストといった昔から医療機関に医療事務員を派遣していた会社が行っている講座の場合、資格に対するバックアップがしっかりしています。ニチイであればメディカルクラーク、ソラストであれば医療事務管理士の資格取得に向け、ポイントを絞った授業が受けられます。

 

そして、就職サポートもしっかりしています。例に挙げた2社に関しては、医療機関と独自のルートをもっているため、一般では公開されていない求人を扱っていることもあります。就業相談会に関する情報も通学していれば、早めに知ることができます。そのほか、医療事務も資格を取得するという同じ目的をもった仲間と知り合えるチャンスがあります。

 

一方デメリットとしては、時間をとられることです。講座は開講の曜日や時間が決まっています。そのため時間調整が必要です。また、今、住んでいるところの近くあるいは会社の近くにこういった講座がなければ、通学時間にもとられてしまいます。通信講座で自宅学習なら好きな時に場所を選ばすできますが、通学となるとそういうわけにはいきません。
どういう形で医療事務を目指そうか悩んでいる方は、メリット・デメリットが自分にとってはどうかをよく検討したうえで選ぶとよいでしょう。

医療事務講座の資料請求

医療事務の資格って結構情報が少ないですよね。情報が少ない中、効率的に資格に合格するにはやはり通信講座などを受講するのがオススメです。

分からないことを聞ける環境、効率的な勉強ができる資料など受かるための環境が整っているのが通信講座です。

資料請求をしてみるだけでも、多くの情報が手に入りますし迷っていることが明確になってくると思います。

自分が欲しい会社のところにだけチェックを入れておけばいいので、必要ない会社の資料まで届くことはありません。まずは資料請求から始めてみるといいですよ。