医療事務の求人数が最も多いのは調剤薬局?

医療事務の求人数が最も多いのは調剤薬局です。それは、街中を普通に歩いていてもわかると思います。

 

医療機関の数よりは薬局の数が圧倒的に多いからです。また、医薬分業が進んだことも影響しています。医薬分業とは、患者様の診察や薬の処方を医師や歯科医師が行い、薬の調剤に関しては薬剤師に任せるというものです。

 

かつては、診療所や病院で会計時にもらっていたお薬が、処方箋をもって薬局に行き、薬については薬局からもらうという形が定着してきました。かかりつけ薬局をもつことは、一人でいくつもの医療機関にかかっている人にとって、同じ効果の薬をたくさん飲んでしまうことを防いだり、飲み合わせによってかえって悪影響を及ぼしたりするのを防ぐ効果があります。

 

調剤薬局は保険診療の枠組みの一つなので、レセプトという調剤報酬明細書を作らなければなりません。医療事務の存在が必要となるわけです。医療事務経験者の場合、何らかの医療事務の資格を取得していれば、調剤報酬に関する医療事務資格がなくても、特に影響はありません。求人数の多さから、医療事務経験なくして薬局で事務として働きたいのであれば、調剤事務管理士など調剤専門の医療事務資格を取得しておいた方が有利です。

医療事務講座の資料請求

医療事務の資格って結構情報が少ないですよね。情報が少ない中、効率的に資格に合格するにはやはり通信講座などを受講するのがオススメです。

分からないことを聞ける環境、効率的な勉強ができる資料など受かるための環境が整っているのが通信講座です。

資料請求をしてみるだけでも、多くの情報が手に入りますし迷っていることが明確になってくると思います。

自分が欲しい会社のところにだけチェックを入れておけばいいので、必要ない会社の資料まで届くことはありません。まずは資料請求から始めてみるといいですよ。