調剤報酬請求事務技能試験の出題範囲と活躍の場

医療事務の1つに、薬局での医療事務があります。このための資格として、調剤報酬請求事務技能があります。

 

調剤報酬請求事務技能の出題は、例題のレセプトを見て調剤報酬点数表で調べて点数を計算するというものです。このために必要な勉強は、薬剤料の計算の仕方、調剤基本料・調剤料・薬学管理料の概要であり、調剤報酬点数表を読む込むことが必要となります。調剤基本料は薬局により異なり、調剤料には後発医薬品調剤加算といった様々な加算があり、内容としてはかなり複雑であるといえます。薬学管理料としては、薬剤情報提供料が有名であり、お薬手帳に投薬についての情報を書いた場合に算定されます。

 

医療事務の現場で資格が活かされるのは、点数表の知識があり、点数をつけるかどうかの判断を即時にできることです。例えば、薬剤情報提供料はよく加算されるのですが、加算の条件を細かく知っていることにより、その患者さんが加算対象かどうかの判断がすぐにできます。現在は、パソコンを導入している薬局が多いため点数自体はパソコンが計算してくれますが、入力をするのは医療事務であり、そのためには点数表の知識が欠かせません。お薬の名前や効能も知っていると役立ちますが、これは現場に入ってから自然に覚えることができるものです。

医療事務講座の資料請求

医療事務の資格って結構情報が少ないですよね。情報が少ない中、効率的に資格に合格するにはやはり通信講座などを受講するのがオススメです。

分からないことを聞ける環境、効率的な勉強ができる資料など受かるための環境が整っているのが通信講座です。

資料請求をしてみるだけでも、多くの情報が手に入りますし迷っていることが明確になってくると思います。

自分が欲しい会社のところにだけチェックを入れておけばいいので、必要ない会社の資料まで届くことはありません。まずは資料請求から始めてみるといいですよ。