調剤報酬請求医務試験の出題範囲と活躍の場

調剤報酬請求医務に関する資格については、現在いくつかの種類がありますが、その中でも最も一般的なものとして『調剤報酬請求事務技能認定』があります。

 

この検定試験は一般財団法人日本医療教育財団によって主催されているもので、調剤薬局などで医療事務に従事する人を対象として実施されている検定となっています。

 

現在、日本では医療の質の向上を図るため、医療機関と調剤薬局を分業する「医薬分業」が進められていますが、それに伴い、調剤薬局では調剤報酬の請求事務をはじめとした医療事務のニーズも増加傾向にあり、そうした医療事務に従事する人の役割や責任も大きくなりつつあります。

 

日本医療教育財団では、調剤報酬の請求事務などの医療事務に関する教育訓練のガイドラインを策定し、そうした業務を行う専門職としてのレベルの向上や人材の確保を目的として、この認定試験を実施しています。

 

調剤報酬請求事務技能認定の資格は、日本医療教育財団が認定する教育機関で、教育訓練のガイドラインに基づいたカリキュラムを受講し、修了検定に合格することで取得することができます。修了検定は、三肢択一式の学科試験と実技試験で構成されています。

 

学科試験は医療保険制度などの医療事務全般や保険薬局業務に関する知識を問う内容となっており、実技試験は実際に調剤報酬明細書の作成や点検を行うことで、調剤報酬請求事務の技能のレベルを計る内容となっています。

医療事務講座の資料請求

医療事務の資格って結構情報が少ないですよね。情報が少ない中、効率的に資格に合格するにはやはり通信講座などを受講するのがオススメです。

分からないことを聞ける環境、効率的な勉強ができる資料など受かるための環境が整っているのが通信講座です。

資料請求をしてみるだけでも、多くの情報が手に入りますし迷っていることが明確になってくると思います。

自分が欲しい会社のところにだけチェックを入れておけばいいので、必要ない会社の資料まで届くことはありません。まずは資料請求から始めてみるといいですよ。