医療事務のどんなところにやりがいを感じる?

病院や診療所に勤務する医療事務ですが、具体的な仕事内容は余り知られていません。どのような仕事をして、どのような仕事にやりがいを感じるのでしょうか。

 

まず、医療事務の仕事内容ですが、病院勤務でありながら医療行為は資格が無いので当然行えません。主な仕事として会計業務があります。

 

医師から回って来たカルテに記載されている内容を正確に読み取り、そこから会計の元となる点数を計算します。この点数は保険診療では決まった点数があるので、過不足無く請求しなければなりません。また、この点数を元に医療費を保険者に請求するレセプト業務があり、この二が医療事務の大きな仕事の柱になります。

 

医療事務の資格の勉強の中心は、レセプト業務の勉強になります。このレセプト業務が正確に行われ、保険者からの入金が無ければ病院の経営は成り立って行かないので、医療事務は病院経営を支える縁の下の力持ちとも言えます。過不足無く正確に一ヶ月の請求が出来たとき、スッキリとした裏方独特のやりがいを感じる事が出来ます。

 

そして、医療事務は受付や会計、電話対応や病院案内などで患者とふれあう事も多い立場です。患者に直接「ありがとう」と言ってもらう事が出来た時、また、医師や看護師の的確な補助が出来たときに、この仕事についてよかったと実感出来ます。

医療事務講座の資料請求

医療事務の資格って結構情報が少ないですよね。情報が少ない中、効率的に資格に合格するにはやはり通信講座などを受講するのがオススメです。

分からないことを聞ける環境、効率的な勉強ができる資料など受かるための環境が整っているのが通信講座です。

資料請求をしてみるだけでも、多くの情報が手に入りますし迷っていることが明確になってくると思います。

自分が欲しい会社のところにだけチェックを入れておけばいいので、必要ない会社の資料まで届くことはありません。まずは資料請求から始めてみるといいですよ。